iRoom電動回転モップクリーナーUC81の感想!デメリットはある?

電動モップクリーナーiRoom【UC81】を使ってみた!デメリットはある?

iRoomの電動回転モップクリーナー『UC81』を使った感想です。

床はちゃんと綺麗になるの?使い勝手はどうなの?っと気になっている人はぜひご参考にしてくださいね^^

(※iRoom様よりご提供いただきました。正直な感想や使い勝手を詳しくレビューします)

主婦(私)が使った感想まとめ
  • ちゃんと床が綺麗になっている
  • 雑巾がけよりラク
  • クイックルワイパーよりも早い
  • 多少重いが、使っている時はそれほど重さは気にならない
  • 本体に厚みがあるので入らないスキマがけっこうある
  • 丸いので部屋の隅っこはよくみがけない
  • 水スプレーは噴射範囲がけっこう広い、勢いよく出る
  • モップ自体の吸水性があまりないみたいで、床に水分が広がる感じ
  • モップに残った水を捨てるのが面倒
  • モップが自立するのは助かる
  • 見た目(デザイン)はすっきりしていて良い
商品の詳細iRoomコードレス電動回転モップクリーナー

 

スポンサーリンク

iRoom電動回転モップクリーナーを使った私の正直な感想

床は綺麗になったのか?

iRoom電動モップクリーナー床磨き

まず、狭い範囲を磨いて、本当に床が綺麗になるのかどうかを調べてみることにしました。

 

この床に水スプレーしてから、iRoom電動モップクリーナーで数回往復してみました。

iRoom電動モップクリーナーで磨く前の床

電動モップクリーナーで磨く前の床

iRoom電動モップクリーナーで磨いた後の床

電動モップクリーナーで磨いた後の床

ちょっとわかりにくいですが…でも、なんとなく綺麗になってる感じです。

 

他の場所でも試してみました。

iRoom電動モップ床磨き

今度はモップ掛けをした後にウエスで床を拭いて、汚れが取れたのか検証してみることに。

 

同じように床に水スプレーしてから、iRoom電動モップクリーナーで冷蔵庫の前を磨きました。

その後にウエスで拭いてみると、あまりウエスは汚れませんでした。(多少汚れが付いていますが…)

iRoom電動モップクリーナーで拭いた後

iRoom電動モップクリーナーで拭いた後のウエス。あんまり汚れなかった。

 

比較の為、電動モップクリーナーをかけていない、場所を拭いてみたところ…

iRoom電動モップクリーナーで拭く前のウエス

電動モップを使っていない場所を拭いたら、汚くなった…

電動モップクリーナーをかけたところより、ウエスが汚れました。

この結果からすると、ちゃんとiRoom電動モップクリーナーで床の汚れは拭き取れています。

ただ、こびりついてしまっているような汚れは雑巾がけでないと取れませんでした。

 

綺麗になることがわかったので、さっそく部屋全体をモップ掛け。

するとクリーニングパッドがけっこう汚れました…やっぱり床の汚れをちゃんと拭き取ってくれたんですね。

iRoom電動回転モップ

水スプレーで.部屋全体をモップ掛けをした後のクリーニングパッド。床の汚れを拭き取ってくれたので黒ずみました。

iRoom電動モップクリーナーのパッド

汚くなったクリーニングパッドは、洗濯機で丸洗い可能ですが、今回は手洗い。

石鹸を付けて洗うと、黒い水が出ました…。

我が家の床の汚れ…取れたんだなぁ

電動モップのクリーニングパッド

手で軽く絞ってから、洗濯機で脱水だけかけて干しました。

 

iRoom電動回転モップクリーナーを使ってみて

電動モップは少し重いですが、自走してくれるし、ハンドルで方向を操作するだけなので使っている時は重さは気にならないです。(3.38kgあります)

他の人の口コミにもありましたが、

「重さによってしっかり床にフィットして磨けているような気がする」

という感じは、確かにあります。

 

雑巾がけのようにかがまなくていいし、高速回転で床を拭いてくれるので、かかる時間はクイックルワイパーよりも断然早いです。力もいりませんでした。

 

iRoomの電動モップクリーナーは、時短にもなって雑巾がけよりもラクだし、確実に床が綺麗になって気分もスッキリするし、これからも使い続けたいと思いました。

 

詳細チェックiRoomコードレス電動回転モップクリーナー

 

iRoom電動回転モップクリーナー「デメリット」と感じたところ

今のところ、4点だけデメリットだと感じたところがあります。

  • 本体の厚さがあるので入らないスキマがけっこうある
  • パッドが丸いので角は磨けない
  • クリーニングパッドの吸水性があまりなく、水が広がって拭き取れている感じがしない(水スプレー使用時)
  • 水タンクに残った水を捨てるのが面倒(水スプレー使用時)

「本体の厚み」について

iToom電動回転モップクリーナーの厚み

厚みは8.5~9cmくらいあります。

ソファーの下やベットの下なんかは簡単に入ると思いますが、(我が家にはソファーもベットもありません)

床から10cmくらいのスキマには簡単に入りそうです。(ハンドルはぺったりと床と水平になります)

ですが…ちょっとしたスキマに入らないことがあります。

iToom電動回転モップクリーナーの厚み

まあ、こんな小さな網棚なら動かしてしまえば問題なしですが…。

 

iToom電動回転モップクリーナーの厚み

ハンドルはぺったり床と水平になります。

我が家のテレビ台の下には入りませんでした。このテレビ台、動かすのがちょっと面倒なので入ってくれたら嬉しかったです^^;

スキマに関してはクイックルワイパーの方が便利でした。

 

パッドが丸いので角は磨けない

iToom電動回転モップクリーナー

角はあとで雑巾で拭きます。

回転モップクリーナーなのでしょうがないのですが、パッドが丸なので角は磨けません。

あとでちょっとだけ雑巾がけが必要ですが、これはそんなに面倒ではないです。

 

「水スプレー」について

ためしに150CCの水を入れてみました。(250CC軽量カップが同梱されています。)

iRoom電動モップクリーナー水スプレー

本体の窓部分から液体が見えます。

 

手元のレーバーを引くと、本体の前部分から水スプレーがシュッと出ます。操作は簡単で手軽です。

iRoom電動モップクリーナー水スプレーのハンドル

iRoom電動モップクリーナー水スプレー

本体の前部分はLEDライトが点灯します

写真ではちょっと分かりにくいかも知れませんが、ビシャっという感じで水が出ます。

贅沢を言えば、もうちょっと霧状のスプレーだったらいいなぁっとも感じました。

 

あと、クリーニングパッドの吸水性が弱いように思いました。素材がポリエステルなので、綿の雑巾よりは吸水性が無いのはしょうがないかな?

水が拭き取れた感じがせず、なんとなく床に伸ばしているだけようでした。

でも、ポリエステル繊維の特徴は「繊維の中に水分が入り込まない」ということなのでこれはこれで良いのかも?

ポリエステルは繊維の中に水分が入り込まず、水分率がほとんど0に近いため、水や汗が生地に触れたときにすぐさま拡散して蒸発します。

引用元:キャブ株式会社「ポリエステル繊維の特徴」より

部屋を水スプレーで磨いたとき、最初は床が濡れたような感じでしたが、しばらくしたら乾きました。

 

子供が使ったときに、面白がって水スプレーしすぎて床がびしょびしょになり、その時は雑巾で拭きました^^;

iRoom電動モップクリーナー

iRoom電動回転モップクリーナーは子供でも簡単に扱えます。

 

あと、「長期間使用しない時は水タンク内を空にしてください。水漏れなどの故障や、カビなど衛生面の部分で問題が生じる可能性があります」

このように説明書に書いてありました。

残った水は、すぐに使うならそのままでも良いとは思いますが、今回は水を捨てることにしました。

説明書に書いてある「水の捨て方」
  • パイプとの接続を解除し、本体を裏返して水を捨てる
  • レバーを押して、タンク内の液体を噴射し、使い切る
  • 注射器やスポイトを使ってタンク内の液体を吸い取る

 

パイプの接続を解除するのはちょっと面倒…です。

スポイトや注射器は家にないので、窓から噴射して使い切ることにしました。電源を切っても水は噴射できます。

噴射しても、タンク内には少し水が残ります。

気になったので、結局パイプの接続を切らずに、裏返して捨てました。このときは重さがデメリットだなぁっと感じました。

iRoom電動モップクリーナー

水タンクは取り外しできたらもっと便利かも。

 

他の人の口コミでは、「水と少しのリビング用洗剤を入れると、拭きあがりがピカピカになる」とのことです。

チェック水スプレーの口コミ参考を見てみる

 

ちなみに、水タンクのン中に入れられるのは「水・エタノール・洗剤」です。ワックスは入れられません。

ワックスはパッドにつけて使用します。

詳細チェックiRoomコードレス電動回転モップクリーナー

iRoom電動回転モップクリーナーに入っている物

iRoom電動モップクリーナーの同梱物

iRoom電動モップクリーナー同梱物

きっちり入っています。

替えのパッドが入っていてありがたいです。洗濯しても、もう一つあるので便利ですね。パッドは洗濯機で丸洗いできます。

パッドは本体の裏にマジックテープで止めるようになっています。

このマジックテープはホコリが付きにくい良質なタイプなので、粘着力が弱まることはなさそうです。

iRoom電動モップクリーナーの裏面

本体裏のマジックテープは4か所。ホコリが付きにくいタイプなので粘着力は安心。

iRoom電動モップクリーナーパッドの裏

パッド裏は全面マジックテープにくっつきます。

iRoom電動モップのパッド

iRoom電動回転モップクリーナーの組み立て

IRoom電動回転モップクリーナー組み立て

小学4年生でも組み立てできます。簡単。

 

まずはハンドルとパイプをつなぎます。ちゃんとはまると「カチ」っと音がします。
iRoom電動モップクリーナーの組み立て

 

次に、パイプのしたから結束バンド(黒くて長く伸びてる紐)をひっぱり、コードを出して…

iRoom電動回転モップクリーナー組み立て

この黒い紐(結束バンド)は切ってはいけません!そのまま付けておきます。邪魔だと思って、危うく切りそうになりました^^;

 

本体のコードとつなぎ合わせます。

iRoom電動モップクリーナー組み立て

iRoom電動モップクリーナー組み立て

 

パイプと本体をつなぎます。「カチ」っと音がします。

iRoom電動モップクリーナー組み立て

 

これで完成です。簡単。

iRoom電動モップクリーナー組み立て

身長140cmほどの息子と比べてこのくらい。デザインもスッキリしていて良いと思います。

 

パイプ調節ボタンを上に押し上げながら、引っ張り出すと長くなります↓

iRoom電動回転モップクリーナー

詳細チェックiRoomコードレス電動回転モップクリーナー

 

iRoom電動回転モップクリーナー充電

届いてすぐに使えるくらいの充電がしてあります。

組み立ててからフル充電しました。自立するので収納や充電がラクラク。

iRoom電動回転モップクリーナー充電

 

充電の進み具合はランプでお知らせしてくれます。

iRoom電動回転モップクリーナー充電

iRoom電動回転モップクリーナー充電

ランプが3つ点くと充電完了です。

フル充電するのに3時間かかると書いてありました。電源をさして他の作業していたので、あっという間に充電されていた感じです。

 

フル充電してから「乾燥状態で45分使える」と説明書に書いてあるので、そこそこの面積は拭けると思います。

12畳ほどのスペースを水スプレーしてモップ掛けしても、充電ランプは減りませんでした。

 

我が家も失敗!iRoom電動回転モップクリーナーの注意点!

最初に電源を入れる時に、やってしまいそうな事です。

電源は、必ずハンドルを斜めに倒してからONにしてください!

iRoom電動回転モップクリーナー

ハンドル(パイプ)はこの状態でONにする!

 

iRoom電動回転モップクリーナー

ハンドル(パイプ)を直角のままスイッチONにしたら大変です!

一番最初にパイプを直角のままスイッチを入れてしまい、制御不能な暴れ馬みたいな動きをして、びっくりしました。電動モップが暴れまわるので、ちょっと危ないです。

説明書にもちゃんと、注意喚起されていますが、読んでいませんでした^^;

 

我が家はクーラーが無く窓を開けっぱなしなので、砂埃で床が汚れます…。電動モップクリーナーがとても活躍してます。

雑巾がけとかクイックルワイパーはちょっと面倒だなぁ…と感じていて、あんまりしていなかったんですが、電動モップクリーナーは使えます。床拭きのハードルが下がりました。

雑巾がけよりもモップクリーナーが絶対ラクで時短になります。

畳にも使えるので、畳スペースも多い我が家にも重宝です。

詳細チェックiRoomコードレス電動回転モップクリーナー

 

タイトルとURLをコピーしました