口臭は自分じゃわからない!口臭チェックを自分でするなら口臭チェッカーがおすすめ

口臭は自分じゃわからない!口臭チェックを自分でするならタニタがおすすめ。口コミや評判は?
自分の口臭って、なかなか自分じゃ分からないですよね。

だから不安なんです。

自分で口臭チェックするなら「タニタの口臭チェッカー(ブレスチェッカー)」がおすすめですよ。

良いタニタの口臭チェッカー(ブレスチェッカー)の口コミや評判はどうでしょうか?気になりますね。

ぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

口臭は自分じゃわからない。タニタの口臭チェッカー(ブレスチェッカー)なら安心。

自分の口臭が分かれば対処することもできますが、自分で気づくことができないと、知らぬ間に周囲の人たちに、口臭を…

なんて考えるとちょっと不安になります。

人と接する仕事をしていると特に気になりますよね?

自分で口臭の強さをチェックできる便利なアイテム「口臭チェッカー」というものがあります。

口臭チェッカーはいろいろなメーカーから販売されてますが、価格ナビの売り上げランキング上位はタニタの製品で占めらています。

チェック>>口臭チェッカー売り上げ順ランキング【楽天価格ナビ】

その中でも、タニタのブレスチェッカー HC-150が1位です。(※2019年12月17日現在)

楽天やアマゾンなどの口コミ数や評価の内容から判断すると、口臭チェッカーはタニタ製が使いやすそうです。

 

タニタブレスチェッカーはどれがおすすめ?

タニタのブレスチェッカーの中でも人気のある2商品の比較です。
・EB-100
・HC-150

口臭測定結果のお知らせ方法ですが、

EB-100はランプの色と個数でお知らせ、HC-150はレベル数値でお知らせします。

なので、HC-150の方が数字をパッと見て、口臭の強さの判別がしやすいかも知れません。

ですが、HC-150は測定終了の音が気になる場合もあります。EB-100は無音です。

精度は、どちらの型式番号でも一緒です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TANITA タニタ ブレスチェッカー EB-100 IV☆送料無料(沖縄・離島を除く)
価格:2979円(税込、送料無料) (2019/12/17時点)

楽天で購入

 

↑2018年冬に発売したEB-100がタニタのブレスチェッカーの現在の最新タイプです。測定終了後もピピっと音がしないので、人に気づかれないでスマートに測定できます。

 

↑HC-150は2016年7月発売しました。HC-150は、ドラックストアーでの取り扱い商品で電器量販店では取扱がありません。モニター付きで測定結果が分かりやすいですが、こちらは測定終了後にピピっと音が出ます。

タニタのブレスチェッカーの精度はどのくらいなのでしょうか?

タニタのブレスチェッカーの精度はよい?

臭いを感じ取る感度は良いのですが、そのニオイが人にとって不快かそうでないか?は判断ができません。

【人の口臭の主成分】
・発揮性硫化物(硫黄など)
・炭化水素系ガス(炭素など)

タニタのブレスチェッカーでは、これらの成分を総合的に測定して臭いの強さをレベルで表しています。

臭い成分全般に反応するため、

・にんにく
・たばこ

などの臭いだけでなく、

・歯磨き粉
・香料

にも反応することがあります。

臭いか、いい香りかを区別して分析することはできませんが、自分の口臭がどれくらいの強さか?というのはわります。

例えば、

焼肉をニンニク料理を食べた後に反応が出ればまぎれもなく「臭い」ということです。

ブレスケアなどでニオイレベルは下がりますが、香料の香りもニオイレベルとして数値(またはランプ)で表されます。

タニタのブレスチェッカーの口コミは?

疑問

実際に使っている人の口コミや評判を参考にして、まとめましたのでご参考にしてください。

使い方が簡単でよい

気軽にチェックできて良いという感想が多めです。

はぁ~っとゆっくり息を吹きかけるだけで、口臭を測定してくれます。面倒くさいことがありませんね。

口コミの中にはふーーっと勢いよく息を吹きかけると測定が「0」になる。という感想があるので、ゆっくり息を吹きかけるのがコツのようです。

エチケットの目安になる

・ブレスケア後は数値が0になるので、しっかり測定できているようです。
・子供には臭くないと言われたが、どうしても自分で口臭が気になって測定してみたら仕事中は「0」でした。安心しました。起きたすぐは「2」、ビールを飲むと「5」でした。
・数値を確認して歯磨きする習慣がついた。
・数値が3(強い口臭)だたので念入りに歯磨き、フロス、洗口液、舌磨きもするようになりました。常に「0」を目指すように口内ケアが習慣になってったのがよかった。

音がするので恥ずかしい

HC-150は測定終了後に音が鳴ります。

家族や職場の人にばれないように測定したいので音が気になるという人もいますが、HC-150には消音機能がありませんので、音が気になる場合はEB-100を選んでくださいね。

商品の寿命が短い

【ブレスチェッカーのセンサー寿命】
・EB-100:約1000回測定
・HC-150:約500回測定

となっています。

お値段が安めなので、しょうがないという感想もあります。

さいごに

自分じゃわからない口臭レベルを測定するのに便利なアイテム「口臭チェッカー」をご紹介しました。

口臭チェッカーの中でもタニタの「ブレスチェッカー」は売れすじで、口コミや評判も良いですね。

口臭を感知する精度は問題ないのですが、臭いの種類(不快なにおいか?いい香りか?)の判断はつきにくいです。

ブレスチェッカーを使うことによって、口内ケアを今までよりも念入りにするようになったり、より意識するようになったのが良いという感想もあります。

普段は目に見ず、自分ではわからない口臭が数値(またはランプ)で表されるので、意識やすく安心感もありますね。

人と接する仕事をしている方は、エチケットとして持っていても良いかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コスメ・健康
よろしければシェアお願いします
通販人気調査隊
タイトルとURLをコピーしました