スポーツドリンク粉末でコスパ良しはコレ!安い人気の500ml用スティックタイプ


夏の水分補給にはスポーツドリンクが必須ですね。

毎日スポーツドリンクを作るとかなり出費になるので、できれば安くてコスパが良いものが嬉しいですよね。

「コスパよし」「安い」と人気の粉末タイプのスポーツドリンクをご紹介します。楽天で売れていますよ。

このスポーツドリンクの成分やカロリーゼロの秘密は何でしょうか?

スポンサーリンク

スポーツドリンク粉末でコスパよし!安い人気商品はコレ


スポーツドリンクの粉末タイプでは、「ファインのイオンドリンク」が、楽天でよく売れていますね。

口コミも600件以上あります。

チェック>>スポーツドリンク(粉末タイプ)の口コミ数ランキング【楽天】

数あるスポーツドリンクの中で、なぜこのスポーツドリンクが選ばれているのでしょうか?

スティック176本入。1本で約18.4円です。19円ほどで500mlペットボトル1本分のスポーツドリンクができます。

確かに安いしコスパは良さそうですが、味や成分も気になりますね。

このスポーツドリンクの気になるところを調査してみました。ぜひご参考にしてください。

スポーツドリンク粉末タイプ「ファイン」の味は?


「ポカリスウェットを薄くしたような味」という感想がいくつかあります。

ポカリより甘くなくて飲みやすく、コスパも良いのでオススメすすめだという人もいます。

甘くなくて飲みやすい。
甘すぎないし、糖分もないのでがぶがぶ飲める。
甘くないしさっぱりしていて、カロリー0なのが嬉しい。
甘くないので口の中がベタベタしない。
甘すぎないので飽きない。

「甘すぎない」「甘くない」という感想の多いスポーツドリンクです。

甘くないしカロリーゼロなので1年中水代わりに飲んでいる人もいました。お風呂上りや朝起きたときの乾いた体にちょうどよいですね。

また、少年野球やミニバスケットなどでスポーツしている子供のママが、子供の為になるべく安く、味のうすいものがよいと思い買っています。

このスポーツドリンクは「甘くない」と感じる人が多いのですが、中には「味が濃い」「甘い」と感じられる人もいます。

「甘い」「濃い」と感じても粉末なら自分好みに薄めることができるので重宝ですね。

こんな感想もあります↓

・500mで1本のところ2リットルで3本+レモン汁を足しています。
・味が濃く感じるので1リットルの水筒に1袋で十分。
・ジムに行く時水筒に800ccのお水と氷を入れるといい感じの濃さで満足。

レモンやクエン酸を足して飲んでいる方もいます。

レモン

レモン汁を足すことで爽やかにもなるしビタミンCも増え、クエン酸でミネラルの吸収を高める効果をさらにプラスできます。

・レモンを少量入れて飲むのが大好きです。
・分割してクエン酸を混ぜて飲んでいます。

粉末タイプなので味の調節もしやすく、自分の好きなものを足してオリジナルのスポーツドリンクを作れます。

500mlで使いやすいスティックタイプの粉末スポーツドリンク

500ml用粉末スポーツドリンク

500ml用というのがとても便利です。

こんな感想もたくさんあります。

持ち運びに便利なサイズの500mlペットボトルでスポーツドリンクを作りたい方が多いんですね。1リットル用をわざわざ半分にするのはちょっと手間ですし。

口コミにもあったように、2リットルに3本使うなど好みの味に調節しやすいのも良いです。

ちなみに、ポカリスウェットの粉末タイプには500ml用はありません。1リットル用と10リットル用があります。※2020年5月現在

粉末スポーツドリンク「ファイン」の残念な口コミや感想

評判や口コミには良いものが多いのですが、「残念な感想」もあります。

子供達がまずいと言って飲んでくれない‥。
安いけど美味しくない…。
人工甘味料が入ってるのは知らなかったので残念です。

スポーツドリンクは美味しく感じるように多少甘めに作られているものが多いのですが、これは薄味なので、人によっては「まずい」と感じる場合もあります。

私が気になったのは「人工甘味料」です。ちょっと詳しく見てみます↓

粉末スポーツドリンク「ファイン」の成分

スポーツドリンクは味も気になりますが、成分も気になります。できれば体にいいものを摂りたいですし。

スポーツドリンク「ファイン」の成分↓

デキストリン、食塩、酸味料、塩化K、V.C、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、乳酸Ca、香料、微粒二酸化ケイ素、炭酸Mg

引用元:「ファイン」 粉末タイプイオンドリンク

比較のためにポカリスウェットの成分も調べました↓

砂糖、ぶどう糖、粉末果汁、デキストリン、食塩/酸味料、香料、ビタミンC、塩化K、調味料(アミノ酸)、乳酸Ca、炭酸Mg

引用元:大塚製薬公式サイト

ファインには入っていて、ポカリスウェットには入っていない成分は以下になります↓

甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
微粒二酸化ケイ素

甘味料のアセスルファムK、スクラロースとはどんなものなのでしょうか?

人工甘味料イメージ

アセスルファムK(アセスルファムカリウム)は高温で焼いても味の良い甘味料なので焼き菓子にも使われます。甘さは砂糖の約200倍です。カロリー0。

スクラロースも高温で焼いても味の良い甘味料なので焼き菓子にも使われます。甘さは砂糖の600倍と言われます。カロリー0。

アセスルファムK、スクラロースは消化されないのでカロリーは0です。人工甘味料ですので、自然のものではなく人の手で作られた「甘さ」です。

安全性については日本や海外で使用許可されていますので、よっぽどの大量摂取をしない限りは安全と言えます。

血糖値を上げないので、砂糖の摂取を控えなければならない病気の患者さんも使用している甘味料です。

でも、人工甘味料なので体内に天然の物質以外を取り込むということは間違いありませんね。

私の個人的な意見としては、子供にはできるだけ避けたいなぁ…っと感じてしまいます。最近の低カロリー食品やさっぱりした甘さのお菓子にはアセスルファムK、スクラロースがよく使われていますが、なるべく避けています。

私は3人の子供の母親ですが、裏側の成分表を見てアセスルファムK、スクラロースとか書いてあると、何となく避けてしまいます…。

これは私の個人的な意見であって、気にされない人もたくさんいますので、各個人の判断でよいと思います。

微粒二酸化ケイ素とはどんなものなのでしょうか?

湿気で固まったりしないように添加される成分です。乾燥材のシリカゲル(二酸化ケイ素)と同じようなものです。

消化吸収されず便として排出されます。

摂取量が度を過ぎなければ安全な食品添加物ですが、以下のような資料もあります↓

微粒二酸化ケイ素は、母乳代替品及び離乳食品に使用してはならない。微粒二酸化ケイ素の使用量は、二酸化ケイ素として、食品の 2.0%以下でなければならない。

引用元:厚生労働省PDF資料

粉ミルクとかに使ってはいけないんですね。これも個人の判断で摂取しても良いと感じるか、摂取したくないかです。

食品添加物は気にしだすとキリがありませんが、私は子供や妊娠中にはなるべく避けたいなぁっと感じます。

スポーツドリンク「カロリーゼロ」の秘密は?

カロリーゼロのスポーツドリンク

成分のところでもご紹介したように、砂糖でなく人工甘味料で甘さを出しています。人工甘味料は消化されずカロリーとなりません。

・ダイエット中でカロリーを抑えたい
・砂糖の摂取を制限したい

という人にはよいスポーツドリンクと言えそうです。ただ、人工甘味料のデメリットも理解し、納得して飲むのがよいですね。

さいごに

スポーツドリンクの粉末タイプで「安い」「コスパがよい」と人気がある【ファイン】をご紹介しました。

楽天でとてもよく売れていて、口コミも豊富な粉末タイプのスポーツドリンクです。

・甘くないのでさっぱりしていて飲みやすい。
・カロリーゼロなので水代わりにガブガブ飲める。
・500ml用ののスティックタイプなので使い勝手が良い。味の調節がしやすい。

このように良い評判や口コミが多いです。ただ、中には残念に思われる人もいます↓

・安いがまずい
・人工甘味料なのが残念

味は好みの問題もあります。また、人工甘味料を使ってカロリーを控えている事を理解していれば、後から残念に思うこともなく納得して買うことができますね。

安くてコスパがよく、便利に使える人気のスポーツドリンクであることは間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました