唐揚げの日の油の成分と特徴!普通の油と違います?味の素シリーズ新商品

味の素の新商品「から揚げの日の油」が発売されました。その名の通り、唐揚げ用の油です。

キャノーラ油、サラダ油の成分の違いは何でしょうか?どんな特徴があるのでしょうか?ご紹介します。

唐揚げの日の油の成分と特徴

専門店のような唐揚げがお家で作れるように開発された油で、しょうがの香りがする油なんです。冷めても美味しい唐揚げが作れます。

少ない油でも調理できるので経済的。もちろん唐揚げ以外の揚げ物にも使用可能です。炒め物にも使えます。

しかも日本唐揚協会の認定油だそうです(笑)

サラダ油やキャノーラ油と成分の違いは以下のようになっています。

サラダ油原材料:食用大豆油、食用なたね油
キャノーラ油原材料:食用なたね油

Jオイルミルズ公式HPより抜粋

から揚げの日の油原材料:

食用大豆油(国内製造),食用えごま油,食用パームオレイン,アラキドン酸含有油脂/乳化剤,香料

Jオイルミルズ公式HPより抜粋

ここで1番気になるのは、アラキドン酸ではないでしょうか?

アラキドン酸とは?

アラキドン酸は肉や卵、魚介類から摂取できます。卵白やレバーに多く含まれます。母乳にも含まれています。

神経・免疫・生殖の機能を調整するほか、情報伝達物質としての役割もあります。

妊娠後期の胎児や出産直後の乳児には大切な栄養となります。

体にいい成分のようですが、過剰摂取はアレルギー性湿疹の原因にもなるようなので注意です。

えごま油とは?

シソ科の植物の種子から摂れる油です。現代人に不足しがちなオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)が豊富です。

えごま油は日本では古くから使われており平安時代~江戸時代中期まで盛んに使われていました。生産効率の良い菜種油が伝来してからは生産が減りましたが、最近は健康油として再び注目されていますね。

ただ一つ気になるのは、非常に酸化しやすく加熱に弱い特徴があることです。揚げ物油に向くのかは疑問です??

パームオレインとは?

パームオレインはパームヤシの実を原料とした油です。酸化しにくく揚げ物に適した油。冷めると個体になるため揚げ物が冷めてもべちゃとなりにくくなります。

乳化剤とは?

唐揚げの日の油い添加されている乳化剤は植物由来のものです。衣の水分を外に出す働きがあってカラっと揚がる手助けをします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Jオイルミルズ 味の素から揚げの日の油 400G×6個セット
価格:1283円(税込、送料別) (2019/3/22時点)

楽天で購入

 

さいごに

味の素シリーズ新商品の「から揚げの日の油」の成分のご紹介でした。

サラダ油やキャノーラ油よりも唐揚げがカラっと揚がるように、多くの成分が配合されています。ほんのりと生姜の香りもするので、唐揚げ以外に使用するときは生姜と相性の良い炒め物や天ぷらに利用するといいですね。

ちなみに、もう一つ気になる「日本唐揚協会」とは、

唐揚げの美味しさを伝えることができるカラアゲニストの育成に力を注いでいる一般社団法人だそうです。

唐揚げが美味しくカラっと仕上がる唐揚げに特化した専用の油。唐揚げ専用の粉はありましたが、油はありそうでなかったですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
食品・グルメ
よろしければシェアお願いします
通販人気調査隊をフォローする
通販人気調査隊
タイトルとURLをコピーしました