さわって学べる算数図鑑の対象年齢は?買った感想や中身をブログで紹介

年長さんになったから、そろそろ算数に興味をもってほしいなぁ…なんて親のかってな考えってありますよね(笑)

仕掛け絵本なら楽しいし子供が大好きだから、仕掛け算数図鑑ならよろこんでくれそう!

そんな私の考えで、算数図鑑の中でも人気がある学研の『さわって学べる算数図鑑』を購入しました。

人気の「さわって学べる算数図鑑」の対象年齢や中身、買った感想をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

さわって学べる算数図鑑の対象年齢は?

この図鑑のカバーには以下のように書いてあります。

小学校低学年から楽しく学べます

全体的に字が大きめでしっかりフリガナもついているので1年生や入学前でも字が読める子なら楽しめます。親が一緒に読んであげるなら小さな子供でも楽しめそうです。

ですが、

・3歳と1歳の子供には、早すぎました。

・3歳児と1歳児では各ページの部品が破かれてはがされた。

という口コミもあるので、1~3歳だとちょっと内容が難しいかもしれませんね。

さわって学べる算数図鑑の感想

長男が5歳の時に購入しましたが、私はこの図鑑が理解できて一番楽しめるのは年長~小学1、2年生くらいまでだと思いました。

さわって学べる算数図鑑を買う時期は、年長~1年生になって算数を勉強し始める時が1番いいと感じます。

小さい子(幼児)は算数図鑑として楽しむのではなくて、仕掛け絵本として楽しむ感じ。

長男が5歳児の時は、仕掛け絵本としては十分楽しめました。

というのも、算数をまったく習ったことがなく、数や形に興味もない子供には一人で読ませても、足したり引いたの記号、掛け算、分数など、意味がほとんど分からないようでした。

学校で算数を学習する前の子供でも、親が一緒に読むんであげると理解ができたり、発見があったりするのかも知れません。

しかし、我が家の子供は優秀でもなく、私もズボラで一緒に読んであげる時間をとらなかったので、図鑑を与えただけでは算数を理解する様子はなかったです。

展開図から、実際に立体に組み立てられるページがありますが、そこが一番気に入って何度も組み立てていました。形に関しては幼児でも直感的に分かると思います。

図鑑を買った当時5歳の長男が、今は小学2年生を終了したところです。この春から3年生。ふと算数図鑑があったのを思い出し、「さわって学べる算数図鑑」を見ていました。

学校で立体の勉強をしたり、掛け算を習ったりして算数図鑑の内容が分かるようになってきましたが、昔から家にあったので目新しさもなくなり、今更読む気も起らないようです。

それと、3年生には簡単すぎるかもしれません。1年生の時に読ませればよかったです。(存在を忘れていました…)

「学校で算数を学びながら、家で図鑑で見返す」というのが1番理解が深まる使い方だと思います。

なので、さわって学べる算数図鑑を買う時期は1年生になって算数を勉強し始める時が1番いいと感じました。

私がちょっと残念と感じたところは「思っていたよりもりボリュームが少ない」ところです。大人にはボリュームが少なく感じますが、子供にはこのくらいでちょうどよいのでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さわって学べる算数図鑑 [ 山田美愛 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2019/3/20時点)

楽天で購入

 

 

私は楽天ブックスで購入しました。送料無料でお得です。

さわって学べる算数図鑑の中身はどう?

内容は

・たし算、ひき算
・形いろいろ(平面図形、立体)
・かけ算、わり算
・分数
・算数クイズ

仕掛けを駆使して子供が楽しめるようになっています。写真でちょっとご紹介しますね。

たし算、ひき算

さわって学べる算数図鑑

仕掛けをめくると答えが出てきます。幼児は穴が開いているだけでワイワイ楽しんでました(笑)

形いろいろ(平面図形と立体)

さわって学べる算数図鑑

子供が一番楽しいページです。

円・四角形・三角形・ひし形・台形など基本の平面図形の説明があります。図形をめくるとマメ知識が書かれています。

大きな正方形をめくって立方体を作ると、立体の展開図の理屈も分かるようになっています。

 

さわって学べる算数図鑑

↑私がこの図鑑で子供が1番楽しめたと感じたページです。

立体にもいろいろあって、円すいや円柱、三角すいや三角柱も教えてくれます。このページは子供たちには面白すぎて、何度も組み立てたのでボロボロです。セロファンテープで修正必須ですよ(笑)

 

さわって学べる算数図鑑

平面図形を並べたり、平面図形を開いたりすることで違う形になるんだよ~っと教えてくれるページもあります。

かけ算・わり算

引っ張ることで穴の色が変化して理屈を教えてくれます。幼児は引っ張り加減が分からずに、壊しました。我が家は3人子供がいるので、下のっ子たちに壊されました(笑)

引っ張って穴の色が変わるのが楽しかったようです。

さわって学べる算数図鑑

分数

引っ張り出すと、円の色が変わって目で見て分数の理屈が分かるようになっています。これも楽しすぎて、弟たちに破戒されました。

さわって学べる算数図鑑

 

さわって学べる」という点は確かにそうだなぁっと感じる中身です。めくったり開いたり、組み立てたりは子供がとても興味をもって楽しみながら学べます。

小学生になってからでないと完全に理解するのは難しいと思いますが、「形」に関しては幼児でも楽しんで直感的に分かると思います。

なにより、さわっていて遊んで楽しそうだったので、そこは良かったです。幼児には「さわって遊べる算数図鑑」になります。

注意点は、小さい兄弟がいる家は、扱いに気をつけないと仕掛けが壊れます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さわって学べる算数図鑑 [ 山田美愛 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2019/3/21時点)

楽天で購入

 

さわって学べる算数図鑑の口コミは?

私の他に実際に買った人の代表的な口コミをご紹介しますね。

・4歳の子供に購入。文字が読めるようになってきたので興味がもてるようになってきた。幼児でもめくりやすい程よい紙質

・立体の展開図の理解に苦しんでいた娘に良かった

・5才2ヶ月の子に購入。全部は理解できないが一通り読むだけで頭に入る内容。口で説明するより直感的に分かりやすい

・7歳の子に買ったが3歳の子も遊びながら見ている

・算数に苦手意識のある子にプレゼント。思った以上に喜んだ

・仕組みが面白く図形を理解しやすい。小さいうちから図形に親しめば図形の名前も自然に覚えてくれそう

・最初は良く分からないまま遊んでいたが、小学校で勉強してくると「これ知っているよ!」と図鑑を見せてくれるようになった

・小3の子供に購入。分数や倍数が直感的に分かっていい

年長~小学校低学年くらいの子供用に購入されている方が多数でした。

入学前から分数や円すい、円柱などの用語にふれるだけでもいいと感じられている方も。小さいうちから楽しんで自然と頭に入ってくるのはいいですね。

残念な点

・紙が弱いので子供だけで扱うと壊れてしまう
・紙がちぎれやすいので注意
・ページ数が少ない、図鑑というより絵本
・組み立てられる図形の部分が小さい。もっと大きい方が良い

私のように、ページ数が期待していたより少ないと感じられる方がいますね。内容も、もうちょっと踏み込んだところまで欲しいという方もいました。

チェック「さわって学べる算数図鑑」その他の口コミを見る【楽天】

さいごに

個人的には、内容を理解して学習に役立てるのなら、小学校入学の時にプレゼントするのが最適かなぁっと感じる図鑑でした。

学校で学習したところを、図鑑で見返すとより理解が深まるなぁっと思います。

我が家の子供達には立体展開図が大人気で、何度も組み立てては喜んでいましたので、感覚的に立体を知るという点ではいいなぁと思います。

破れたりちぎれたりしていっぱい修正しましたが、それだけ楽しんでくれたので結果的には買って良かったです。

欲を言えば、もうちょっとページ数がほしいですね。値段の割にはページ数が少なめ?と感じますが、仕掛けが凝っているのでしょうがないのかなぁ…?

子供達が楽しめる、算数にの入門書としては最適です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さわって学べる算数図鑑 [ 山田美愛 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2019/3/21時点)

楽天で購入

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
書籍
よろしければシェアお願いします
通販人気調査隊をフォローする
通販人気調査隊
タイトルとURLをコピーしました