▶▶テレビの音が聞こえにくい……と感じたら⇒【ミライスピーカー】(楽天)

FunLogy HOMEの口コミ評判が良い!?画質を調査!【プロジェクター1万円台】

FunLogy HOMEの口コミ評判が良い!?画質を調査!【プロジェクター1万円台】

FunLogy HOME(ファンロジー ホーム)は、1万円台で買える小型家庭用プロジェクター。家庭用小型プロジェクターとしては比較的安い価格で、口コミ評判も良いです。

2022年4月4日現在、

楽天市場の口コミ件数3,520・総合評価☆4.52です。

(参考:funlogy homeの口コミ評判 [楽天みんなのレビュー])

FunLogy HOME(ファンロジー ホーム)の画質に関することを調べてみました。

FunLogy HOMEの購入を迷われている方は、ぜひご参考にしてみてくださいね。

今売れてるホームプロジェクターはコレホームプロジェクター デイリーランキング[楽天]

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FunLogy HOMEプロジェクターの画質(解像度)・画面の明るさについて

FunLogy HOMEの画質(解像度)

解像度の数字が大きい(高い)ほど画質はなめらかになります。

FunLogy HOMEプロジェクターの画質(解像度)は以下になります↓

標準解像度HD (1280 × 720)
対応解像度フルHD (1920 × 1080)

参考元:FunLogy HOME(ファンロジー ホーム)

標準解像度とは、プロジェクターが投影できる解像度です。FunLogy HOMEプロジェクターですと1280×720のハイビジョン画質(HD)で投影できるということです。

ただ、もともと画質の悪い映像(解像度の低い映像)を投影しても1280×720では投影できません。制作された映像のもっている解像度で投影されます。

 

対応解像度とは、そのプロジェクターが読み込める映像の解像度です。FunLogy HOMEプロジェクターですと「フルHD(1920×1080)の映像を読み込んで、1280×720に変換して投影できる」ということです。

もちろん、1280×720より解像度の低い映像も読み込んで投影できます。

FunLogy HOMEプロジェクターでフルHD(1920×1080)の映像を投影しても、自動にHD(1280×720)に変換されます。少し画質は低くなるんですね。

HD(1920×1080)よりも画質は劣りますが、HD(1280×720)あれば「画質が荒い」とは感じにくいでしょう。

2022年4月3日現在、動画配信サービスでは4Kに対応しているところもありますが、まだフルHD・HD対応が主流です。ちなみに、YouTube動画はHDが主流です。

 

また、

  • DVDの解像度:720×480
  • Blu-rayの解像度:1920 × 1080

DVDを見るならばFunLogy HOMEプロジェクターで十分ですが、Blu-rayの映像美を楽しみたい場合はフルHD(1920×1080)で投影できるホームプロジェクターが適しているでしょう。

 

ちなみに、任天堂switchをテレビ出力したときの解像度は1920 × 1080です。PS5は4K出力対応されています。(※今後8K対応にもなるようです)

 

以下のような場合は標準解像度がフルHD(1920×1080)のプロジェクターが適しています。

  • 文字(字幕)をくっきりはっきり見たい場合
  • 映像の細かなところまで鮮明に見たい場合
  • 美しい風景映像をたくさん見たい場合

※フルHD1920×1080で投影可能なFunLogyプロジェクターもあります。価格は少し高くなります。

\フルHD投影できるFunLogy/

FunLogy HOMEプロジェクターの画面の明るさ・コントラスト比

FunLogy HOMEプロジェクターで投影したときの画面の明るさは「100ANSIルーメン」です。コントラスト比は「3000:1」となっています。

明るさ100 ANSIルーメン
コントラスト比3,000 : 1

参考元:FunLogy HOME(ファンロジー ホーム)

明るさは「100ANSIルーメン」ですが、コントラスト比が「3000:1」と高いです。

コントラスト比は、明暗の比率です。比率が高いほど白黒くっきりします。

明るさは100ANSIルーメンですが、コントラスト比が「3000:1」と高いので、比較的くっきりとした投影が可能となっています。

昼間の明るい部屋ですと、少し見えずらい場合も考えられますが、カーテンを閉めるなどして部屋の中を少し暗くする工夫をすれば良いですね。

「ANSIルーメン」と「ルーメン」の違い

明るさの単位「ANSIルーメン」は「ルーメン」よりも数値が低くなります。

  • 「ANSIルーメン」は投影したときの画面の明るさ
  • 「ルーメン」は投影する光源そのものの明るさ

投影したときの画面の明るさ「ANSIルーメン」の数値を記載している方が参考になりますね。

※FunLogy HOMEプロジェクターは100ANSIルーメンです。

 

【まとめ】FunLogy HOMEプロジェクターの画質(解像度)・画面の明るさ

標準解像度HD (1280 × 720)
対応解像度フルHD(1920 × 1080)
明るさ100 ANSIルーメン
コントラスト比3,000 : 1

参考元:FunLogy HOME(ファンロジー ホーム)

FunLogy HOMEプロジェクターがスクリーンなどに投影できる解像度は、ハイビジョン画質(HD 1280×720)です。

フルHD(1920 × 1080)で制作された映像でも、HDに自動変換され投影されるのでフルHD画質では見ることができません。

2022年4月4日現在、動画配信サービスはHDやフルHD対応の場合がほとんどです。

YouTubeの画質はHDが主流なので、YouTubeを楽しみたい場合は適していると言えます。

 

明るさこそ100ANSIルーメンとそれほど高くはないですが、コントラスト比が3000:1と高いので、白黒はっきりした映像が映し出せます。

昼間の明るい部屋でしたら、カーテンを閉めるなどして少し暗くすると見えやすくなります。

\1万円台家庭用プロジェクター/

美しいフルHD画質を楽しみたい場合や、字幕の文字までくっきり見たい場合はフルHD投影できるプロジェクターが適していますが、その分価格も高くなっています。

\フルHD投影可能/

ホームプロジェクター・オーディオ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
通販人気調査隊
タイトルとURLをコピーしました